歌う珈琲屋さん

クラシック歌曲・オーガニック珈琲・合気道・ウクレレ & Books Healing

運動

f:id:tamacafe:20210223061439j:plain

バスケットは、「巨人の足元の草」って感じだし、

バレーボールは

手のひらにピシャッ!と当たって痛いし、

水泳は死にものぐるいであがいたあげく、

枯れ枝が岸辺に辿り着くように

プールサイドにタッチするし、かけっこは 

役員リレーしか出させてもらえなかったし、

およそ伸びやかな身体能力には程遠いなぁ。

 

でも、

「すっごいですね~。 また、優勝ですか」とか、

「継続は力なり、ですね~」とか、

「速い! 強い! カッコイイ!」とか言われながら、

家族のためには掃除機ひとつかけるでもない

自己中運動バカにゃなりたくねぇし――と、

せいぜい負け惜しみを言っている。

 

夜明け前の薄明かりの中、団地横のスペースで 

裸足になって 土の感触を楽しみながら、

白い衣を着て太極拳をやっていた。 

「うひょひょひょふぇふぇふぇ~~~」と、

妙な声がするので、振り向いたら、

新聞配達のおばちゃんが腰を抜かしていた。

「あの団地には幽霊が出る」という噂は、

私のせいじゃない――ってば!

 

朝早くは変なものに間違えられるし、

夜は逆に変なヤツが寄ってくるし、

昼間は「たまロースト」になりそうなくらい

暑かったりするし、そぞろ歩きもままならぬ。

 

しかたがないので鏡を磨く。窓を拭く。

軽快な音楽があれば楽しい。

届かないところは猿やウサギになったつもりで、

ピョンピョン跳びはねながら

「キャッキャ! ガオガオ~」とか

奇声を発すとなお楽し。